日刊薬業WEBトップ  >  団体  >  記事詳細

「薬の爆買い」は一過性ではない  家庭薬協・藤井副会長「広報活動の成果」( 2017年2月27日 )

 中華圏を中心に外国からの旅行客がドラッグストアでOTCを大量に購入する「爆買い」について、日本家庭薬協会の藤井隆太副会長(龍角散社長)は日刊薬業の取材に応じ「7年前から協会で仕掛けをつくってきた。需要が定着しており、一過性のブームではない」と述べ、協会が進めてきた各種の広報活動が中華圏の人の心をつかみ、OTCが生活必需品に進化していると説明した。

団体最新記事

» その他の記事一覧