日刊薬業WEBトップ  >  団体  >  記事詳細

関西メディコの会内処分「まだ分からない」  保険薬局協会・中村会長、再発防止を優先( 2017年3月10日 )

 日本保険薬局協会の中村勝会長は9日の定例記者会見で、C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品問題で、奈良県と奈良市から医薬品医療機器法に基づく改善措置命令を受けた会員企業の関西メディコ(奈良県平群町)に対する会内処分について、「(するかどうかも含めて)まだ分からない」と述べ、再発防止を優先していく考えを示した。

団体最新記事

» その他の記事一覧