日刊薬業WEBトップ  >  団体  >  記事詳細

【Interview】骨太へ危機感、業界意見反映へ攻勢  日薬連・多田会長  最優先は新薬創出加算( 2017年4月14日 )

 日本製薬団体連合会の多田正世会長は日刊薬業の取材に応じ、薬価制度改革に向けた論点として新薬創出加算の制度化が最優先課題になるとの認識を示した。中間年の薬価改定については、薬価の乖離の大きいものにとどめるよう要望。まずは経済財政諮問会議が6月にまとめる「骨太の方針」に向け、業界の意見が反映されるよう厚労関係議員に加え、関係閣僚や諮問会議の民間議員らに幅広くロビー活動を展開する方針を明らかにした。

団体最新記事

» その他の記事一覧