日刊薬業WEBトップ  >  行政・政治  >  記事詳細

臨床研究法案で透明性確保に努める  無罪判決で厚労省( 2017年3月16日 )

 ディオバン事件に関する東京地裁の無罪判決を受け、厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課は日刊薬業の取材に対し見解を示した。「個々の判決についてのコメントは差し控えたいが、臨床研究に対する国民の信頼を回復することが大切と考えている」とし、「厚労省としては臨床研究と製薬企業の活動の透明性確保のため臨床研究法案を提出しており、引き続き臨床研究と製薬企業の活動の適正性の確保に努めたい」と強調した。

行政・政治最新記事

» その他の記事一覧