日刊薬業WEBトップ  >  行政・政治  >  記事詳細

塩崎厚労相「臨床研究の信頼回復が急務」  ディオバン判決受け( 2017年3月17日 )

 ノバルティス ファーマの高血圧治療薬「ディオバン」を巡る臨床試験データ改ざん事件の東京地裁判決を受け、塩崎恭久厚生労働相は17日の閣議後会見で、同社元社員によるデータ改ざんが判決で認定されたことを指摘し、事件で失われた臨床研究の「信頼を回復することが急務」と述べた。臨床研究と製薬企業の活動の適正化を図るため、臨床研究法案の早期成立を目指す姿勢も示した。

行政・政治最新記事

» その他の記事一覧