日刊薬業WEBトップ  >  行政・政治  >  記事詳細

核酸医薬の開発推進へ「考慮事項」策定  厚労省研究事業、GLのたたき台に( 2017年4月21日 )

 核酸医薬の開発に関するガイドライン(GL)の策定に向けた研究を2012年度から続けてきた研究班が最終報告書をまとめた。厚生労働省事業の一環としてまとめたもので、核酸医薬の品質担保・評価や非臨床安全性評価における“考慮事項”が盛り込まれている。今後はこれをたたき台にして、厚労省や医薬品医療機器総合機構、国衛研などがGL策定を目指す。

行政・政治最新記事

» その他の記事一覧