日刊薬業WEBトップ  >  行政・政治  >  記事詳細

中間年改定、乖離率上位3割が対象か  医療産業議連で田村氏( 2017年4月20日 )

 中間年改定の対象になる「価格乖離の大きな品目」の選定ルールが決まらない中、「乖離率ベースで、乖離が大きな上位3割くらいの品目」を対象にしてはどうかという案が永田町で浮上している。20日に非公開で行われた超党派「医療産業議員連盟」終了後の記者説明で明らかになった。

行政・政治最新記事

» その他の記事一覧