日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

告発MR、カルテ閲覧で講演資料も作成と指摘  「イグザレルト」問題で  ( 2017年4月21日 )

 抗凝固薬「イグザレルト」に関する患者のアンケート調査に関連しバイエル薬品の複数の社員がカルテを不適切に閲覧していた問題で、集めたカルテ情報を使ってバイエルの本社が医師向け講演会用の資料も作っていた可能性が出てきた。患者約210人のカルテを閲覧したと告発しているバイエルの宮崎営業所の男性MR(54)が日刊薬業の取材で証言した。

【関連記事】

企業最新記事

» その他の記事一覧