日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

【3月期通期決算】製薬主要4社、3.7%減収 円高と薬価改定で  グローバル製品は堅実、大型化狙う( 2017年5月12日 )

 製薬企業主要4社の2017年3月期業績が出そろった。海外事業が円高の影響を受けるとともに、国内市場も薬価改定などで苦戦。4社合計で前期比3.7%の減収となった。営業利益は第一三共に一過性の減益要因があったものの、全体で横ばいを保った。各社の主軸となるグローバル製品は堅調な伸びを見せている。

関連資料

企業最新記事

» その他の記事一覧