日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

【3月期通期決算】第一三共、国内医療用5066億円でトップに  僅差で武田薬品をかわす( 2017年5月11日 )

 第一三共が11日発表した2017年3月期通期連結業績(国際会計基準〈IFRS〉)によると、国内医療用医薬品売上高は前期比2.4%増の5066億円となり、武田薬品工業が前日に公表した同社の国内医療用医薬品売上高5047億円を上回り、国内トップに躍り出た。抗凝固剤「リクシアナ」をはじめ、第一三共の国内主力製品が大きく成長した。

【関連記事】

企業最新記事

» その他の記事一覧