日刊薬業WEBトップ  >  臨床・学会  >  記事詳細

「キイトルーダ」、1次治療で推奨グレードAに  新たな肺癌診療GL、近く発行( 2016年12月16日 )

 進行・再発の非小細胞肺がんの1次治療で適応を取得した抗PD-1抗体「キイトルーダ」(一般名=ペムブロリズマブ〈遺伝子組換え〉)が、来週発行される新たな肺癌診療ガイドライン(GL)で、推奨グレードAに位置付けられる。

臨床・学会最新記事

» その他の記事一覧