日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう「固体医薬品の溶出」

〔新刊〕じほう「固体医薬品の溶出」

12/5 05:00

 じほうは、「固体医薬品の溶出」(板井茂/著)を発売した。本書は、固体医薬品の溶出機構をより深く理解するために、理論に基づいて数式を解説。また、本書で使用される数学の基礎やExcelによるグラフ作成、数値解析の手法などについても分かりやすく紹介している。B5判、192ページ、定価(本体1万2000円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(http://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る

 大塚ホールディングス(HD)の第2次中期経営計画が最終年度に入った。抗精神病薬「エビリファイ」の特許切れを乗り越え、V字回復の達成に向かう仕上げの段階に来ている。その成否を決めるのは新薬群の成長だ。 ...続き

 大日本住友製薬は生産性の高い働き方とワークライフバランスを実現し、企業としての競争力を高めようと、昨年の1年間を「働き方改革元年」に位置付けた。社員の意識改革を目指し、職場のグループごとに業務プロセ ...続き