日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう「固体医薬品の溶出」

〔新刊〕じほう「固体医薬品の溶出」

12/5 05:00

 じほうは、「固体医薬品の溶出」(板井茂/著)を発売した。本書は、固体医薬品の溶出機構をより深く理解するために、理論に基づいて数式を解説。また、本書で使用される数学の基礎やExcelによるグラフ作成、数値解析の手法などについても分かりやすく紹介している。B5判、192ページ、定価(本体1万2000円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(http://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る

 新薬を継続的に生み出すことでしか、安定した経営を維持できなくなった製薬企業。研究開発への投資がかさむ半面、薬価制度改革で利益確保の環境は厳しくなる。研究開発の効率性・生産性を高めることは必須だが、こ ...続き

 旧山之内製薬(現アステラス製薬)元社長の森岡茂夫氏が4日、死去した。享年96。 森岡氏は旧山之内製薬を業界リーディングカンパニーの一角に成長させた同社中興の祖であるとともに、日本製薬団体連合会や日本 ...続き