日刊薬業トップ > 〔お知らせ〕臨床検査の総合情報紙【MTJ】2月11日号のご案内

〔お知らせ〕臨床検査の総合情報紙【MTJ】2月11日号のご案内

2/9 05:00

 【MTJ(THE MEDICAL & TEST JOURNAL)】2月11日号ピックアップ◆遺伝子検査の責任者は兼任可能 厚生労働省の「検体検査の精度管理等に関する検討会」(座長=楠岡英雄・国立病院機構理事長)は1月29日開かれ、「遺伝子関連検査・染色体検査の品質・精度の確保」について、精度管理の責任者は、検査組織全体の責任者との兼任を認めることで合意した ◆〈診療報酬改定2018〉抗菌薬適正使用支援チームへの加算 構成員に検査技師要件 ◆〈診療報酬改定2018〉「検査点数の引き上げを」パブコメで意見―ほか。【MTJ】毎月1日・11日・21日発行、タブロイド判・全ページカラー。年間購読料9000円(税別)。無料試読(無料で2号分をお送りします)をぜひ一度お試しください。
 お申し込みは、じほうHP(http://www.jiho.co.jp/)から。

前のページへ戻る

 大塚ホールディングス(HD)の第2次中期経営計画が最終年度に入った。抗精神病薬「エビリファイ」の特許切れを乗り越え、V字回復の達成に向かう仕上げの段階に来ている。その成否を決めるのは新薬群の成長だ。 ...続き

 大日本住友製薬は生産性の高い働き方とワークライフバランスを実現し、企業としての競争力を高めようと、昨年の1年間を「働き方改革元年」に位置付けた。社員の意識改革を目指し、職場のグループごとに業務プロセ ...続き