日刊薬業トップ > 〔お知らせ〕臨床検査の総合情報紙【MTJ】2月11日号のご案内

〔お知らせ〕臨床検査の総合情報紙【MTJ】2月11日号のご案内

2/9 05:00

 【MTJ(THE MEDICAL & TEST JOURNAL)】2月11日号ピックアップ◆遺伝子検査の責任者は兼任可能 厚生労働省の「検体検査の精度管理等に関する検討会」(座長=楠岡英雄・国立病院機構理事長)は1月29日開かれ、「遺伝子関連検査・染色体検査の品質・精度の確保」について、精度管理の責任者は、検査組織全体の責任者との兼任を認めることで合意した ◆〈診療報酬改定2018〉抗菌薬適正使用支援チームへの加算 構成員に検査技師要件 ◆〈診療報酬改定2018〉「検査点数の引き上げを」パブコメで意見―ほか。【MTJ】毎月1日・11日・21日発行、タブロイド判・全ページカラー。年間購読料9000円(税別)。無料試読(無料で2号分をお送りします)をぜひ一度お試しください。
 お申し込みは、じほうHP(http://www.jiho.co.jp/)から。

前のページへ戻る

●10年後、製薬企業の利益が消える? 永山氏 先日、有名なコンサルティング会社のデータを見ていたら、製薬企業がこのまま、売上高に対して17%程度の研究開発費を使い続けた場合、ちょうど10年後くらいには ...続き

中外製薬の永山治会長(都内にて)

 経口糖尿病治療薬市場で、SGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬の配合剤が台頭してきた。製薬企業の2018年4~6月期業績によると、アステラス製薬の「スージャヌ」が15億円、田辺三菱製薬の「カナリア」が1 ...続き