日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう「保険薬事典Plus+ 平成30年8月版」

〔新刊〕じほう「保険薬事典Plus+ 平成30年8月版」

8/9 04:59

 じほうは、「保険薬事典Plus+ 平成30年8月版」(薬業研究会/編)を発売した。本書は、適応情報も確認できる医療用医薬品リストの定番書籍。同成分の中で剤形・薬価別にまとめ、薬価の違いがひと目で分かるほか、適応・用法の違いも分かりやすく記載。また、診療報酬上評価される、後発医薬品や先発・準先発品の指定、経過措置品目などをマークで表記。8月版は、4月以降に収載された新薬・ジェネリック医薬品が追加掲載。A5判、1088ページ、定価(本体4600円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(http://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る

●10年後、製薬企業の利益が消える? 永山氏 先日、有名なコンサルティング会社のデータを見ていたら、製薬企業がこのまま、売上高に対して17%程度の研究開発費を使い続けた場合、ちょうど10年後くらいには ...続き

中外製薬の永山治会長(都内にて)

 経口糖尿病治療薬市場で、SGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬の配合剤が台頭してきた。製薬企業の2018年4~6月期業績によると、アステラス製薬の「スージャヌ」が15億円、田辺三菱製薬の「カナリア」が1 ...続き