日刊薬業トップ > 〔お知らせ〕臨床検査の総合情報紙【MTJ】8月11日号のご案内

〔お知らせ〕臨床検査の総合情報紙【MTJ】8月11日号のご案内

8/10 04:59

 【MTJ(THE MEDICAL & TEST JOURNAL)】8月11日号ピックアップ◆臨薬協など3団体、体外診の定義見直しを 日本臨床検査薬協会、米国医療機器・IVD工業会、欧州ビジネス協会医療機器・IVD委員会の3団体は7月5日、医薬品医療機器等法の改正に向けて、厚生労働省に要望書を提出した。体外診断用医薬品の定義の見直しや、現行法では薬剤師に限定されている管理責任者について資格要件の緩和などを求めている ◆〈集会長に聞く〉第58回日本臨床化学会年次学術集会(2018年8月24~26日・名古屋)石井潤一氏(藤田保健衛生大学医学部臨床検査科教授)―ほか。
 【MTJ】毎月1日・11日・21日発行、タブロイド判新聞・オールカラー・8~16ページ。年間購読料9000円(税別・送料当社負担)。無料試読(2号分)をぜひ、一度お試しください。お申し込みは、じほうホームページから。◆MTJメルマガ会員(無料)受け付け中!発行日に合わせて、最新号のトピックスをメールでお知らせします。メールマガジン登録フォームよりお申し込みください。

前のページへ戻る

●10年後、製薬企業の利益が消える? 永山氏 先日、有名なコンサルティング会社のデータを見ていたら、製薬企業がこのまま、売上高に対して17%程度の研究開発費を使い続けた場合、ちょうど10年後くらいには ...続き

中外製薬の永山治会長(都内にて)

 経口糖尿病治療薬市場で、SGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬の配合剤が台頭してきた。製薬企業の2018年4~6月期業績によると、アステラス製薬の「スージャヌ」が15億円、田辺三菱製薬の「カナリア」が1 ...続き