日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう「バイオ医薬品ハンドブック 第3版 ~Biologicsの製造から品質管理まで~」

〔新刊〕じほう「バイオ医薬品ハンドブック 第3版 ~Biologicsの製造から品質管理まで~」

11/9 04:59

 じほうは、「バイオ医薬品ハンドブック 第3版 ~Biologicsの製造から品質管理まで~」(日本PDA製薬学会バイオウイルス委員会/編)を発売した。
 本書は、再生医療等製品も加えて、Biologicsの製造から品質管理までの最新情報や技術を紹介するほか、連続生産技術や次世代シーケンシング技術の内容も充実。バイオ医薬品、ワクチン、血液製剤の製造、品質管理などに携わる方に必携の1冊となっている。B5判、368ページ、定価(本体8500円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(http://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る

 バイオシミラー(BS)の普及に拍車が掛かってきた。エタネルセプト(先行品「エンブレル」)が想定を上回る需要で生産が追いつかず、がん領域のリツキシマブ(先行品「リツキサン」)も売り上げ予想の上振れが見 ...続き

 京都大の本庶佑氏のノーベル賞受賞で、ますます存在感が高まっている免疫チェックポイント(CP)阻害剤。連載最終回は実際にCP阻害剤を使って患者を治療している国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎副院 ...続き

取材に応じる国立がん研究センター中央病院の大江副院長