日刊薬業トップ > 〔お知らせ〕臨床検査の総合情報紙【MTJ】12月11日号のご案内

〔お知らせ〕臨床検査の総合情報紙【MTJ】12月11日号のご案内

12/11 04:59

 【MTJ(THE MEDICAL & TEST JOURNAL)】12月11日号ピックアップ ◆医療機関の検体受託、範囲制限を撤廃 改正医療法等の施行に合わせて厚生労働省は、医療機関の間で検体検査を委受託する場合の範囲を検体検査全般に広げるとした通知をまとめ、2018年11月29日付で各都道府県などに発出した ◆病理診断のAIシステム、地域で検証 日本病理学会は18年11月22日、広島県呉市で開かれた秋期特別総会でのシンポジウムで、胃生検材料を対象としたAIによる病理診断支援システムを開発し、19年1月以降、福島、徳島両県のネットワークで実証実験に順次入ることを明らかにした ◆日本電子上半期業績 医用機器2.9%減収、海外が苦戦―ほか。
 【MTJ】毎月1日・11日・21日発行、タブロイド判新聞・オールカラー・8~16ページ。年間購読料9000円(税別・送料当社負担)。無料試読(2号分)をご利用ください。お申し込みは、じほうホームページよりお申し込みください。
 ◆MTJメルマガ会員(無料)受付中!発行日にあわせて最新号のトピックスをメールでお知らせします。メールマガジン登録フォームよりお申し込みください。

前のページへ戻る

 大手調剤薬局チェーンのメディカルシステムネットワーク(メディシス)の子会社として、2016年9月に設立された後発医薬品メーカーのフェルゼンファーマ(札幌市)。国内後発品市場が低成長時代に入る中、「わ ...続き

 中医協支払い側委員の幸野庄司氏(健保連理事)は日刊薬業の取材に応じ、費用対効果評価制度の不確実性を将来的に解決できるようになったら、保険償還の可否判断や償還価格の決定にも用いるべきとの考え方を示した ...続き

健保連・幸野庄司氏