日刊薬業トップ > 〔お知らせ〕第一線の薬局経営の動向ならPHARMACY NEWSBREAK へ

〔お知らせ〕第一線の薬局経営の動向ならPHARMACY NEWSBREAK へ

12/17 04:59

 薬局・薬剤師のためのニュースメディア【PHARMACY NEWSBREAK】は、最新の薬局経営に関連する制度・政策のニュースや現場の動きをどのメディアよりも詳しく報じています。WEB版、FAX版ともに2週間の無料トライアルを随時受け付け中。薬局経営に関係する方はぜひ、お試しください。

≪直近の主なトピックス≫
●多剤カンファ対象患者の薬剤数は平均2.3剤減 JCHO九州病院、処方見直しで薬剤の「中止」は244件
●調剤報酬算定状況、上場7社とも「後発品加算3」増え未算定は減 地域支援加算は若干の増加にとどまる
●薬局の不祥事は大きく2種類、内部統制は分けて検討を 「薬局コンプライアンス研究会」で赤羽根弁護士
●投薬後のフォロー含む薬学管理で分業の価値証明すべき 厚労省・中井氏

※無料トライアル・年間購読はホームページからお申し込みいただけます。お問い合わせは、じほう販売管理グループ(TEL:03-3233-6336)まで。

前のページへ戻る

 大手調剤薬局チェーンのメディカルシステムネットワーク(メディシス)の子会社として、2016年9月に設立された後発医薬品メーカーのフェルゼンファーマ(札幌市)。国内後発品市場が低成長時代に入る中、「わ ...続き

 中医協支払い側委員の幸野庄司氏(健保連理事)は日刊薬業の取材に応じ、費用対効果評価制度の不確実性を将来的に解決できるようになったら、保険償還の可否判断や償還価格の決定にも用いるべきとの考え方を示した ...続き

健保連・幸野庄司氏