日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう「Drugs-NOTE2019 ドラッグノート」

〔新刊〕じほう「Drugs-NOTE2019 ドラッグノート」

12/21 04:59

 じほうは、「Drugs-NOTE2019 ドラッグノート」(医薬情報研究所/編)を発売した。本書は、過多な医薬品情報から、特に必要な『薬効』『用法』『5%以上副作用』『妊婦・授乳婦』『投与してはいけない基礎疾患』『鎮痛剤や睡眠薬等のT1/2、Tmax』などを抜粋し、薬の特徴や薬理作用など添付文書以外の情報も記載。医薬品情報集としての機能はもちろん、ノート部分にメモを書き込めるので、自分だけの情報集が作れる。ポケット判、528ページ、定価(本体1800円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(http://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る

 大手調剤薬局チェーンのメディカルシステムネットワーク(メディシス)の子会社として、2016年9月に設立された後発医薬品メーカーのフェルゼンファーマ(札幌市)。国内後発品市場が低成長時代に入る中、「わ ...続き

 中医協支払い側委員の幸野庄司氏(健保連理事)は日刊薬業の取材に応じ、費用対効果評価制度の不確実性を将来的に解決できるようになったら、保険償還の可否判断や償還価格の決定にも用いるべきとの考え方を示した ...続き

健保連・幸野庄司氏