日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう「治療薬ハンドブック2019」

〔新刊〕じほう「治療薬ハンドブック2019」

1/10 04:59

 じほうは、「治療薬ハンドブック2019」(堀正二ほか/編)を発売した。本書は、添付文書だけでは得られない生きた情報を豊富に掲載した医薬品情報集の決定版。妊婦、小児、腎不全透析患者への投薬情報や錠剤・カプセル剤の粉砕可否情報なども明記。2019年版では、新たに冷所保存など薬剤の保存時の温度条件がひと目で分かる「保存温度条件」を追加したほか、医薬品リスク管理計画(RMP)に関する情報をさらに充実させるなど、現場ニーズを追求した使いやすい1冊。オフラインでも使える便利な特典アプリ付き。B6変型判、本文1566ページ、定価(本体4400円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(http://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る

 大手調剤薬局チェーンのメディカルシステムネットワーク(メディシス)の子会社として、2016年9月に設立された後発医薬品メーカーのフェルゼンファーマ(札幌市)。国内後発品市場が低成長時代に入る中、「わ ...続き

 中医協支払い側委員の幸野庄司氏(健保連理事)は日刊薬業の取材に応じ、費用対効果評価制度の不確実性を将来的に解決できるようになったら、保険償還の可否判断や償還価格の決定にも用いるべきとの考え方を示した ...続き

健保連・幸野庄司氏