日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう PHARM TECH JAPAN 2019年5月増刊号「GxPの更なる進展」

〔新刊〕じほう PHARM TECH JAPAN 2019年5月増刊号「GxPの更なる進展」

5/17 04:59

 じほうは、PHARM TECH JAPAN 2019年5月増刊号「GxPの更なる進展」(日本PDA製薬学会/編)を発売した。
 GxPを取り巻く環境は近年、めまぐるしく変化しています。GMP省令改正に向けた動きも活発化しており、品質システムマネジメントへの対応が喫緊の課題になっています。また、データインテグリティ対応については最近の査察で重点的に指摘され、さらに、ICHQ13(連続生産)が正式トピックとなり、バイオ原薬の連続生産にも注目が集まっています。
 本増刊号は、18年11月27~28日に開催された日本PDA製薬学会第25回年会の講演内容を演者が加筆し、GxPについて分かりやすく解説した一冊。A4変型判、188ページ、定価(本体4200円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(https://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る