日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう「原薬の品質管理と不純物管理」

〔新刊〕じほう「原薬の品質管理と不純物管理」

4/3 04:59

 じほうは、「原薬の品質管理と不純物管理」(古澤久仁彦/著)を発売した。本書は、医薬品の品質確保において重要となる原薬の品質と不純物管理に焦点を当て、関連ガイダンスなどの基本事項の解説や品質不良の事例を紹介。品質不良事例では、バルサルタン原薬から発がん性をもつと考えられる不純物が検出され、世界的に製品回収が行われた事案を取り上げ、問題発生時の状況、欧米当局から示された考え方や関連ドキュメントの整理に加え、なぜ不純物混入が起きたかを考察している。B5判、144ページ、定価(本体5800円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(https://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る