日刊薬業トップ > 〔新刊〕じほう「循環器診療がわかる現場の教科書 診るロジックと薬の使い方」

〔新刊〕じほう「循環器診療がわかる現場の教科書 診るロジックと薬の使い方」

10/22 04:59

 じほうは、「循環器診療がわかる現場の教科書 診るロジックと薬の使い方」(藤村昭夫/監)を発売した。循環器疾患は日本人の死因の上位を占める疾患だが、その多くは原因が明確でないため、発症機序に基づいた治療が難しいうえ、合併症をもつ患者が多いなど治療が複雑になりやすい特徴をもつ。本書は、専門医がどのようなロジックで治療方法・治療薬を選択しているのかを分かりやすく箇条書きでまとめた1冊。A5判、416ページ、定価(本体5000円+税)。
 申し込みは、じほう販売管理グループ(https://www.jiho.co.jp/ またはFAX:0120-657-769)へ。

前のページへ戻る