日刊薬業トップ > 臨床・学会 > iPS細胞で分子標的薬探し  希少がんなど創薬期待 東大など

iPS細胞で分子標的薬探し  希少がんなど創薬期待 東大など

2022/4/27 15:12

 東京大医科学研究所の研究チームは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)に変化しにくいがん細胞の性質を用い、個別のがんに効く分子標的薬探しに応用する手法を開発したと発表した。薬剤探しの効率化により、希少がん...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る