日刊薬業トップ > 臨床・学会 > アルツハイマー病の進行抑制  iPS細胞で発見の既存薬―京大など

アルツハイマー病の進行抑制  iPS細胞で発見の既存薬―京大など

2022/6/30 23:23

 京都大iPS細胞研究所の井上治久教授らの研究チームは30日、家族性アルツハイマー病の患者に、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って発見した治療薬の候補を投与する臨床試験(治験)を実施した結果、症状を...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る