日刊薬業トップ > 臨床・学会 > 免疫細胞老化の仕組み解明  化合物投与で機能回復 京都大

免疫細胞老化の仕組み解明  化合物投与で機能回復 京都大

2022/10/28 11:13

 京都大がん免疫総合研究センターの本庶佑センター長らの研究グループは、がんなどを攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」の機能が加齢に伴って低下するのは、生体内化合物の一種「スペルミジン(SPD)」の量が関係...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る