日刊薬業トップ > 臨床・学会 > 少量でがん免疫を活性化  ワクチン材料開発―大阪公立大

少量でがん免疫を活性化  ワクチン材料開発―大阪公立大

2022/11/2 23:07

 大阪公立大の研究グループは2日までに、がんを攻撃する免疫細胞を、少量で効果的に活性化させるワクチン材料を開発したと発表した。実用化できれば、現在は2~3割にしか効かないがん免疫療法の適用患者を拡大で...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る