日刊薬業トップ > 行政・政治 > 臨床研究法案で透明性確保に努める  無罪判決で厚労省

臨床研究法案で透明性確保に努める  無罪判決で厚労省

2017/3/16 20:29

 ディオバン事件に関する東京地裁の無罪判決を受け、厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課は日刊薬業の取材に対し見解を示した。「個々の判決についてのコメントは差し控えたいが、臨床研究に対する国民...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

 患者カルテの不適切な閲覧など、製薬企業の不祥事が絶えない。効果のある未然防止策を講じると同時に、いざ不祥事が発生した場合には、企業にどのような対応が求められるのか。長島・大野・常松法律事務所で製薬企 ...続き

取材に応じる小山弁護士

 年間給与は27社の単純平均で807.9万円、前年度比4.6万円のダウンとなった。大手や準大手は伸びたが、中堅と後発医薬品が足を引っ張った。ただ、沢井製薬の工場部門正社員化が大きな減少要因になっており ...続き