日刊薬業トップ > 製薬企業 > 大日本住友、中計発表を見送り  「ラツーダ」米特許訴訟が影響

大日本住友、中計発表を見送り  「ラツーダ」米特許訴訟が影響

2018/2/14 22:25

 大日本住友製薬の多田正世社長は14日の定例会見で、米国で非定型抗精神病薬「ラツーダ」を巡って後発医薬品メーカー2社との間で特許侵害訴訟が始まった影響で、3月に発表を予定していた2018年度を起点とす...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

 大塚ホールディングス(HD)の第2次中期経営計画が最終年度に入った。抗精神病薬「エビリファイ」の特許切れを乗り越え、V字回復の達成に向かう仕上げの段階に来ている。その成否を決めるのは新薬群の成長だ。 ...続き

 大日本住友製薬は生産性の高い働き方とワークライフバランスを実現し、企業としての競争力を高めようと、昨年の1年間を「働き方改革元年」に位置付けた。社員の意識改革を目指し、職場のグループごとに業務プロセ ...続き