協和キリンは、グローバル戦略品のヒト型抗線維芽細胞増殖因子23(FGF23)モノクローナル抗体「クリースビータ」(一般名=ブロスマブ〈遺伝子組換え〉)について、まず全世界で売上高1000億円規模への成長を目指す。発売国(2019年末時点で18カ国)を今後2~3年で50カ国まで拡大するほか、発売済みの国でのさらなる浸透を図る。2019年の売上高は326億円だが、同社では1000億円の突破は不可能で ...続き
6/2 04:30

主要ニュース 一覧

 塩野義製薬は1日に発表した24年度までの5カ年の新中期経営計画で売上高5000億円、コア営業利益1500億円、海外売上高比率50%以上を目標に掲げた。手代木功社長は同日の説明会でトータルヘ ...続き
6/1 23:08
 日本医師会の役員改選が公示を迎えた1日、現職の横倉義武氏と現副会長の中川俊男氏が会長選への立候補を表明した。改選を行う定例代議員会は27日、東京・本駒込の日医会館で開かれる。●コロナ禍での ...続き
6/1 22:27
 新型コロナウイルス感染症の影響で開催が先送りとなっていた財務省の財政制度等審議会・財政制度分科会(会長=榊原定征・前経団連会長)は1日、新型コロナ対策で政府がまとめた2020年度補正予算な ...続き
6/1 22:01

行政・政治 一覧

製薬企業 一覧

医薬品流通 一覧

周辺産業 一覧

団体 一覧

臨床・学会 一覧

組織改革・人事 一覧

医療機関・薬局 一覧