海外売上高比率の高い製薬企業に、円安による増収効果が出ている。2022年4~6月期決算で大手・準大手7社について調べたところ、武田薬品工業の878億円を筆頭に5社が100億円を超えたことが分かった。ただ、多くの企業は営業利益への効果が限定的で、アステラス製薬がコアベースで74億円減となったほか、第一三共やエーザイも円安がマイナスに働いた。各社とも為替の影響を除いた業績は、ほぼ予想通りの進捗を見せ ...続き
8/9 04:30

主要ニュース 一覧

 厚生労働省の厚生科学審議会・予防接種・ワクチン分科会は8日、新型コロナウイルスのオミクロン株対応ワクチンの接種を10月以降に開始する方針を了承した。まずは従来型ワクチンとの2価ワクチンであ ...続き
8/8 22:19
 6月に厚生労働事務次官に就任した大島一博氏は8日、専門紙の共同取材に対して、生活衛生関係組織の一部機能の他府省庁への移管などについて「検討を進めており、一定程度方向が出たら示す」と話した。 ...続き
8/8 22:02
 ファイザーは8日、独ビオンテックと共同開発しているオミクロン株にも対応した新型コロナウイルス感染症の2価ワクチンについて、厚生労働省に承認事項一部変更申請を同日行ったと発表した。同剤は、新 ...続き
8/8 22:00

行政・政治 一覧

製薬企業 一覧

医薬品流通 一覧

周辺産業 一覧

団体 一覧

臨床・学会 一覧

組織改革・人事 一覧

医療機関・薬局 一覧