日刊薬業WEBトップ  >  行政・政治  >  記事詳細

製薬協  治験実施施設にコスト調査を実施へ、症例単価など透明化( 2014年7月31日 )

 日本製薬工業協会の稲垣治医薬品評価委員会委員長は31日、厚生労働省の「臨床研究・治験活性化に関する検討会」に構成員として出席し、製薬協として治験実施施設を対象に治験にかかるコストを調査する計画があることを報告した。施設ごとの症例単価などを透明化し、コストの適正化に役立てたい方針だ。

行政・政治最新記事

» その他の記事一覧