日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

ノバルティス・三谷社長  ディオバン論文、医療機関に無効説明( 2013年2月12日 )

 ノバルティス ファーマの三谷宏幸社長は12日の記者会見で、主力のARB「ディオバン」(一般名=バルサルタン)に関する国内大規模臨床試験「KYOTO HEART Study」に関する論文が国内外の学会誌から撤回された問題について「このデータが使えなくなったことは残念」と述べ、営業部門を通じて医療機関に対して同データが無効であることの説明を行う考えを示した。

【関連記事】

企業最新記事

» その他の記事一覧