日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

武田薬品  医療用アリナミン問題で子会社が12日間の業務停止( 2013年2月13日 )

 武田薬品工業(長谷川閑史社長)のビタミンB1欠乏症治療用の医療用注射剤「アリナミンF5注」(一般名=フルスルチアミン塩酸塩)でテスト用アンプルの混入が生じ、同社が自主回収した問題で、大阪府は13日、薬事法に基づき武田に対し業務改善命令を、同社子会社日本製薬(三浦勉社長)の大阪工場(大阪府泉佐野市)に対し12日間の業務停止命令を出した。同工場では14日から25日まで、医薬品に関する製造、試験検査、出荷が停止となる。武田は1カ月以内に府に改善報告書を提出する。

企業最新記事

» その他の記事一覧