日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

武田薬品  ベルケイド、高累積投与でOSが有意に改善( 2013年12月9日 )

 武田薬品工業と米国子会社のミレニアム・ファーマシューティカルズは9日までに、多発性骨髄腫治療剤「ベルケイド」(一般名=ボルテゾミブ)について、高累積投与(39mg/平方メートル以上)群は、低累積投与(39mg/平方メートル未満)群に比べて、全生存期間(OS)が平均で20カ月以上改善したと発表した。

企業最新記事

» その他の記事一覧