日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

杏林製薬  悪性胸膜中皮腫の遺伝子治療薬開発へ( 2014年7月1日 )

 キョーリン製薬ホールディングス(HD)は1日、科学技術振興機構(JST)の産学共同実用化開発事業(NexTEP)に、子会社の杏林製薬が応募したプログラム「悪性胸膜中皮腫を対象とする遺伝子治療用医薬品」が6月23日付で採択されたと発表した。杏林製薬は採択を受け、遺伝子治療用医薬品「Ad-SGE-REIC製剤」の開発に着手する。

企業最新記事

» その他の記事一覧