日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

バイエル薬品  17年以降がん領域も収益の柱に、次期主力に放射性医薬品( 2014年7月9日 )

バイエル薬品腫瘍・血液領域事業部の新藤事業部長

バイエル薬品腫瘍・血液領域事業部の新藤事業部長

 バイエル薬品は、2017年以降、がん領域を収益の柱の一つへ成長させる方針だ。放射性医薬品の塩化ラジウム-223を次期主力品に位置付け、開発を加速化。既存品では「ネクサバール」と「スチバーガ」のさらなる適応拡大で売り上げの最大化を図る。

企業最新記事

» その他の記事一覧