日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

告発MRの代理人「本社の関与は明らか」  バイエル社員のカルテ閲覧問題( 2017年4月19日 )

 バイエル薬品の複数の社員が抗凝固薬「イグザレルト」に関する患者アンケート調査に関連しカルテを不適切に閲覧していた問題で、内部告発した同社宮崎営業所の男性MR(54)の代理人が19日、厚生労働省の記者クラブで会見した。代理人の黒原智宏弁護士は「1人のMR、1つの営業所の問題でなく、バイエル薬品の本社の主導的関与は明らかだ」と述べ、バイエルと厚労省に対し真相を究明するよう求めた。

企業最新記事

» その他の記事一覧