日刊薬業WEBトップ  >  企業  >  記事詳細

「キプレスクリフ」、新薬の連続上市で乗り切る  キョーリン製薬HD・穂川社長( 2017年5月13日 )

 キョーリン製薬ホールディングスの穂川稔社長は12日の2016年度決算の説明会で、「(今年度以降も)新薬を連続的に上市し、普及拡大を図ることで19年度には新医薬品比率50%以上を達成したい」と表明した。事業子会社である杏林製薬の社長を6月から兼務することに関しては、「この時期においては私自身が先頭に立ち、陣頭指揮を執ることが最適だと判断した」と述べた。

企業最新記事

» その他の記事一覧