日刊薬業WEBトップ  >  臨床・学会  >  記事詳細

大阪市立大調査委  ディオバン論文、研究責任者らも糾弾「ノ社社員と知っていて記載」( 2013年8月22日 )

非常勤講師だったノ社元社員に関する調査を報告する大阪市立大大学院医学研究科長の荒川哲男氏

非常勤講師だったノ社元社員に関する調査を報告する大阪市立大大学院医学研究科長の荒川哲男氏

 ノバルティス ファーマのARB「ディオバン」(一般名=バルサルタン)をめぐる臨床試験問題で、論文上でノ社元社員の所属先として表記されていた大阪市立大は22日、学内に設置した調査委員会の報告書を公表した。

【関連記事】

臨床・学会最新記事

» その他の記事一覧