日刊薬業WEBトップ  >  臨床・学会  >  記事詳細

大阪市立大調査委  元社員の所属・名前の記載めぐる認識で食い違い( 2013年8月22日 )

 大阪市立大の調査委員会が22日に発表した報告書では、ノバルティス ファーマの元社員に対して今月1日に実施した2時間に及ぶヒアリング内容と、ディオバン臨床研究(論文)を実施した5大学の責任著者全員に対する調査内容が公表された。元社員の所属や名前が論文に記載された経緯などをめぐり、元社員と各論文の責任者らとの間での認識の違いが浮き彫りになった。

臨床・学会最新記事

» その他の記事一覧