日刊薬業WEBトップ  >  臨床・学会  >  記事詳細

C肝薬、耐性検査の必要性も選択ポイント  長崎医療センター・八橋氏( 2016年11月18日 )

 長崎医療センターの八橋弘臨床研究センター長は18日、ギリアド・サイエンシズ主催のプレスセミナーで、C型慢性肝炎に対するインターフェロン(IFN)フリー療法について、治療前にC型肝炎ウイルス(HCV)の薬剤耐性変異解析検査(耐性検査)が必要かどうかが、医師の薬剤選択に影響してきたとし、耐性検査の必要がない同社の「ハーボニー」の処方が伸びた要因の一つに挙げた。

【関連記事】

臨床・学会最新記事

» その他の記事一覧