日刊薬業トップ > 臨床・学会 > 医薬品の安全性「確実に管理できるシステムを」  バルサルタン原薬問題でGE学会が声明

医薬品の安全性「確実に管理できるシステムを」  バルサルタン原薬問題でGE学会が声明

2018/11/7 22:20

 日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会(武藤正樹代表理事)は7日、バルサルタン後発医薬品の原薬に発がん性物質が含まれていた問題に関する声明文を発表した。 声明文では▽「潜在的発がんリスクを低減す...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る