日刊薬業トップ > 【謹告】テリパラチド酢酸塩に関する特許権について

【謹告】テリパラチド酢酸塩に関する特許権について

1/29 05:00

謹  告

テリパラチド酢酸塩に関する特許権について

 旭化成ファーマ株式会社は、テリパラチド酢酸塩を有効成分とする「テリボン®皮下注用56.5μg」を製造販売しております。
 旭化成ファーマ株式会社は、テリパラチド酢酸塩を有効成分とする骨粗鬆症治療ないし予防剤に関する特許権(日本特許第6150846号、日本特許第6043008号、日本特許第6198346号)、テリパラチド酢酸塩を有効成分とする凍結乾燥製剤に関する特許権(日本特許第5922833号、日本特許第5960935号、日本特許第5996824号、日本特許第6031633号、日本特許第6057492号)およびテリパラチド酢酸塩を有効成分とする凍結乾燥製剤の製造方法に関する特許権(日本特許第6025881号、日本特許第6258426号)を保有しており、これら特許権は有効に存続しております。
 旭化成ファーマ株式会社は、これら特許権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為に対しましては、厳正なる法的処置を講じる所存です。
 テリパラチド酢酸塩を有効成分とする骨粗鬆症治療ないし予防剤またはテリパラチド酢酸塩を有効成分とする凍結乾燥製剤の製造、販売、輸入等を計画されている企業におかれましては、当社の知的財産権の侵害行為のないよう、十分ご留意いただきたくお知らせ申し上げます。

平成30年1月29日

  旭化成ファーマ株式会社
    東京都千代田区神田神保町一丁目105番地

前のページへ戻る

 大塚ホールディングス(HD)の第2次中期経営計画が最終年度に入った。抗精神病薬「エビリファイ」の特許切れを乗り越え、V字回復の達成に向かう仕上げの段階に来ている。その成否を決めるのは新薬群の成長だ。 ...続き

 大日本住友製薬は生産性の高い働き方とワークライフバランスを実現し、企業としての競争力を高めようと、昨年の1年間を「働き方改革元年」に位置付けた。社員の意識改革を目指し、職場のグループごとに業務プロセ ...続き