日刊薬業トップ > 製薬企業 > イミフィンジ投与の肺がん患者、間質性肺疾患発症予測へ  今月から探索的試験開始

イミフィンジ投与の肺がん患者、間質性肺疾患発症予測へ  今月から探索的試験開始

2021/6/4 17:57

 アストラゼネカは4日、化学放射線療法後に抗PD-L1抗体「イミフィンジ」(一般名=デュルバルマブ〈遺伝子組換え〉)による治療を受けた、ステージIIIの切除不能な非小細胞肺がん患者150人を対象に、間...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る