日刊薬業トップ > 医薬品流通 > 流通コスト分析システム、本格稼働  アルフレッサ・増永社長  「価格交渉でMSの意識高める」

流通コスト分析システム、本格稼働  アルフレッサ・増永社長  「価格交渉でMSの意識高める」

2018/4/6 04:30

 アルフレッサは、流通コストを顧客単位で分析するために開発した「コストシミュレーションシステム」を今春から本格稼働させる。増永孝一社長が日刊薬業の取材に応じ、明らかにした。国が示した流通改善ガイドライ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

 日本CSO協会が阿部安孝会長の下で新たなスタートを切った。製薬企業の経営環境が目まぐるしく変化する中、アウトソーシング需要に対応した新サービスの提案に取り組むという。ただ、コントラクトMR(CMR) ...続き

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は昨年10月に行った新オフィスへの移転を機に、働き方改革をさらに進める方針だ。とりわけ社員の多様性を受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」(D&I)を深化さ ...続き

オフィス移転を機に働き方改革を進めるGSK