日刊薬業トップ > 製薬企業 > 中外、がん遺伝子パネル検査の診断機能追加  MET阻害剤「タブレクタ」で承認取得

中外、がん遺伝子パネル検査の診断機能追加  MET阻害剤「タブレクタ」で承認取得

2020/5/29 21:23

 中外製薬は29日、がん遺伝子パネル検査の「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」について、MET阻害剤「タブレクタ」(一般名=カプマチニブ塩酸塩水和物)の「MET遺伝子エクソン...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る