日刊薬業トップ > 行政・政治 > 五輪化学テロ対策、医薬品供給体制で研究報告  厚労省

五輪化学テロ対策、医薬品供給体制で研究報告  厚労省

2018/4/17 10:59

 厚生労働省の厚生科学審議会・健康危機管理部会(部会長=大野泰雄・木原記念横浜生命科学振興財団理事長)は16日、東京五輪に向けた化学テロ対策について厚生労働科学特別研究事業から報告を受けた。研究班は、...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 日本CSO協会が阿部安孝会長の下で新たなスタートを切った。製薬企業の経営環境が目まぐるしく変化する中、アウトソーシング需要に対応した新サービスの提案に取り組むという。ただ、コントラクトMR(CMR) ...続き

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は昨年10月に行った新オフィスへの移転を機に、働き方改革をさらに進める方針だ。とりわけ社員の多様性を受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」(D&I)を深化さ ...続き

オフィス移転を機に働き方改革を進めるGSK