日刊薬業トップ > 製薬企業 > 「アルツ」競合品候補、薬価も薬効もまだ不透明  科研製薬・大沼社長

「アルツ」競合品候補、薬価も薬効もまだ不透明  科研製薬・大沼社長

2018/11/9 20:28

 科研製薬の大沼哲夫社長は9日のIRミーティングで、同社の主力品である関節機能改善剤「アルツ」の競合候補となる新薬について言及した。 アルツは薬価改定の影響を受け、2018年度計画の売上高は前期比12...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 バイオシミラー(BS)の普及に拍車が掛かってきた。エタネルセプト(先行品「エンブレル」)が想定を上回る需要で生産が追いつかず、がん領域のリツキシマブ(先行品「リツキサン」)も売り上げ予想の上振れが見 ...続き

 京都大の本庶佑氏のノーベル賞受賞で、ますます存在感が高まっている免疫チェックポイント(CP)阻害剤。連載最終回は実際にCP阻害剤を使って患者を治療している国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎副院 ...続き

取材に応じる国立がん研究センター中央病院の大江副院長