日刊薬業トップ > 製薬企業 > ノボ・ベック社長、将来の1000億円到達に手応え  「オゼンピック」と「リベルサス」が成長源

ノボ・ベック社長、将来の1000億円到達に手応え  「オゼンピック」と「リベルサス」が成長源

2020/6/29 23:38

 ノボ ノルディスク ファーマのオーレ・ムルスコウ・ベック社長は29日の記者会見で、今後の成長源として期待する製品としてGLP-1受容体作動薬「オゼンピック」(一般名=セマグルチド〈遺伝子組換え〉)、...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る