日刊薬業トップ > 製薬企業 > 大塚製薬、グアデシタビンP3試験で主要項目未達  AMLとMDS対象に実施

大塚製薬、グアデシタビンP3試験で主要項目未達  AMLとMDS対象に実施

2020/10/15 20:06

 大塚製薬は15日、次世代DNAメチル化阻害剤グアデシタビン(一般名)について、2つの臨床第3相試験の主要評価項目に設定した全生存期間(OS)で、いずれも既存治療薬と比較して統計的有意差が示されなかっ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る